藤井一至がクレイジージャーニーに出演!土の研究、本、学歴、出演したテレビ、ラジオを調査!

文化人

世界を代表する土研究家の藤井一至(かずみち)『クレイジージャーニー』に出演。
人類を救うために起こした藤井一至の行動に、ダウンタウン松本人志も困惑気味。
そんな、土研究の第一人者である藤井一至さんのプロフィール、経歴など調べてみました。

スポンサーリンク

藤井一至 wiki風プロフィール 年齢 出身地など

藤井一至(ふじいかずみち)さんは、1981年10月8日に生まれ、年齢は41歳です(2022年10月時点)。
生まれた場所は富山県立山町で、山や田んぼに囲まれた自然豊かな場所で育ちました。
子供の頃は岩石採集が趣味だったそうです。

藤井一至 wiki風プロフィール

名前:藤井一至(ふじい かずみち)
生年月日:1981年10月8日
年齢:41歳(2022年10月時点)
出身地:富山県立山町

引用元:藤井一至さん公式インスタグラムより引用

スポンサーリンク

藤井一至の出身高校は超優秀校

藤井一至さんは、地元の富山県富山市にある『富山県立富山中部高等学校』を卒業しました。
なんと偏差値が69-70もある、富山県トップの超優秀な進学校です。
ノーベル化学賞を受賞した田中耕一さんも 、この高校を卒業しています。

【富山県立富山中部高等学校の場所】

藤井一至の出身大学

藤井一至さんは、日本を代表する大学『京都大学農学部』に進学します。
大学在学中に「風の谷のナウシカ(宮崎駿)」「栽培植物と農耕の起源(中尾佐助)」に影響を受けて、本格的に土の研究を志しすようになり、大学卒業後に大学院でキャリアを積んでいきます。

【藤井一至 京都大学院での研究】

  • 2004年3月 京都大学農学部を卒業
  • 2006年3月 京都大学大学院 農学研究科 修士課程修了/タイ、インドネシアの土を研究。
  • 2009年3月 京都大学大学院 農学研究科 博士課程修了 博士(農学)取得/熱帯土壌の博士になる。
  • 2009年4月~2011年3月 京都大学地球環境学堂 博士研究員/カナダ、マレーシアの土を研究。

藤井一至は将棋の腕前もスゴイ

藤井一至さんは、土の研究だけでなく、高校時代から始めた将棋が得意です。
大学時代には多くの将棋大会に出場し、2004年『スポニチ新聞社杯』で準優勝、2011年には『アマ王将位東関東大会』でベスト8に入賞する腕前を持っています。

藤井一至さんは自身のツイッターで、里見香奈女流五冠の将棋について投稿していました。

引用元:藤井一至さん公式Twitterより引用

藤井一至のテレビ、ラジオ出演

藤井一至さんは、土研究の第一人者として、多くのテレビやラジオに出演し、土に関する大変ためになるお話を、分かりやすく解説されています。

年月日番組名テレビ局
2019年12月28日ハライチの魂の研究所24時BS朝日
2020年1月15日又吉直樹のヘウレーカ!「ノー “土” ノー ライフ!?」NHK教育
2020年3月11日ホンマでっか!?TVフジテレビ
2021年2月3日1億人の大質問!?笑ってコラえて!日本テレビ
2022年5月22日サイエンスZERONHK教育
年月日番組名ラジオ局
2018年10月3日久米宏ラジオなんですけどTBSラジオ
2020年3月8日GLOWING REEDJ-Wave
2020年7月16日GOOD NEIGHBORSJ-Wave
2021年4月8日赤江珠緒たまむすびTBSラジオ
2021年12月2日アシタノカレッジTBSラジオ

【藤井一至さんが出演したラジオ番組アシタノカレッジ」】


引用元:TBSラジオ公式YouTubeチャンネルより引用

藤井一至の本

藤井一至さんは、土に関する本も出版されています。
『土 地球最後のナゾ 100億人を養う土壌を求めて』は、2019年に「第7回 河合隼雄学芸賞」を受賞しています。

年月日本名出版社
2015年12月5日大地の五億年 ~せめぎあう土と生き物たち~山と渓谷社
2018年8月土 地球最後のナゾ ~100億人を養う土壌を求めて~光文社
2022年9月土の大研究PHP研究所

引用元:藤井一至さん公式インスタグラムより引用

藤井一至の受賞歴

藤井一至さんの土の研究は、日本だけでなく世界的に認められ、多くの賞を受賞しています。

年月賞名
2011年3月第1回日本生態学会奨励賞(鈴木賞)
2012年10月Best Poster Award 8th International Symposium on Plant-Soil Interactions at Low pH(インド)
2015年4月第33回日本土壌肥料学会奨励賞
2016年11月第15回日本農学進歩賞
2019年8月第7回 河合隼雄学芸賞
2019年3月Ecological Research Paper Award 2018
2020年3月第11回日本ペドロジー学会論文賞
2022年5月第39回とやま賞
その他ポスター賞多数

まとめ

藤井一至さんは、高校生のころから世界の食料問題を意識し、それを解決するための日々土の研究を続けています。
これからも、世界のためにいろんなところで、土の大切さを啓蒙していただきたいですね。
最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました