岩本聖冬生(いぶき)は俊足で兄も報徳学園!50m走と中学と高校の成績、ドラフト候補か調査

スポーツ

2023年春のセンバツ甲子園に報徳学園が、6年ぶり22回目の出場が決まりました。

今年の報徳学園はドラフト候補のスラッガー・堀柊那(しゅうな)選手エース・盛田智矢投手が話題ですが、高校No.1といわれる俊足スピードスター・岩本聖冬生(いぶき)も凄い選手です。

そこで、岩本聖冬生選手のプロフィール、走塁、兄弟、中学校と高校時代の成績など、色々と調べてみました。

スポンサーリンク

岩本聖冬生 プロフィール 出身地、身長、体重、読み方

名前:岩本 聖冬生(いわもと いぶき)
生まれ年:2005年
出身地:兵庫県
身長:172cm
体重:71kg
投打:左投・左打
ポジション:外野手

岩本聖冬生の走塁

岩本聖冬生選手の持ち味は、何といっても俊足です。

50m走を5秒8バッタボックスから一塁まで3秒8台という、とんでもない記録を持っています。

高校2年生の秋季兵庫県大会・3回戦の尼崎戦で、勝ち越しのランニングホームランを放っています。

岩本聖冬生の兄弟

岩本聖冬生の兄は4歳年上の岩本悠佑真(ゆうま)さんで、報徳学園で主将を務めた内野手です。

高校卒業後は立教大学に進学し、野球部で活躍しています。

岩本聖冬生の中学校時代

岩本聖冬生選手の出身中学校は、兵庫県西宮市にある「大社中学校」です。

中学校時代は「兵庫伊丹ヤング」でプレーし、「ALL NISHINOMIYA(西宮選抜)」に選ばれています。

中学校2年生の時に「ヤングリーグ春季大会」へ出場しました。

岩本聖冬生 報徳学園での活躍

岩本聖冬生選手は中学校を卒業後、野球の強豪校「報徳学園高校」に進学します。

高校1年生の秋季兵庫県大会から、2番レフトでスタメン入りを果たします。

高校2年生の春季兵庫県大会で優勝、春季近畿大会でベスト4入りに貢献します。

春季近畿大会では2試合に出場し「9打数・5安打・2打点・2盗塁・打率556」と好成績をマークしています。

そして新チームとして臨んだ秋季兵庫県大会で優勝、秋季近畿大会で準優勝に貢献します。

秋季近畿大会では4試合に出場し「12打数・4安打・4盗塁・打率333」という成績でした。

報徳学園は、秋季近畿大会で準優勝したことが評価され、2023年春のセンバツ甲子園へ6年ぶり22回目の出場を決めました。

引用元:やさしいニュース(テレビ大阪)公式Twitterより引用

岩本聖冬生はドラフト候補か?

岩本聖冬生へスカウト担当者から、現在のところはコメントはありませんでした。

ただ、同世代トップレベルの俊足と打撃力を持っているので、今後の活躍次第ではドラフト候補に挙がる可能性がかなり高い選手です。

岩本聖冬生のまとめ

岩本聖冬生選手のプロフィール、走塁、兄弟、中学校と高校時代の成績など、色々と調べてみました。

″スピードスター″岩本選手がランナーに出たら、相手ピッチャーは相当投げずらいでしょう。

2023春のセンバツでは、その俊足と打撃力に注目していきたいと思います。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました