【黒崎レイナ】エグゼイド出演の女優は父のサポートもあり芸能界へ。プレバト出演、鈴木福と共演などで活躍中

黒崎レイナセブンティーン
スポンサーリンク

プレバトへの出演

女優、タレント、Youtuberの黒崎レイナさんが、プレバトの丸シールアートに出演しました。
黒崎レイナさんは、プレバトの水彩画で才能ありを獲得したことがあり、今回のシールアートでは特待性を狙いました。

トーストアートでは才能なしの査定を受けてしまった黒崎さん。
今回の丸シールアートでは、名誉挽回となるか必見です。

黒崎レイナ インスタグラムより引用

ドラマ「ハガネの女」でデビュー

黒崎さんは、2011年のドラマ「ハガネの女 Season2」でドラマデビューしました。
架空の国であるセラヴィナ共和国の少女タオ・ビンセン役を演じています。

ドラマデビューをした同年には「ブルドクター」「DOCTORS」のドラマにも出演し、雑誌ニコラのモデルの仕事も始めました。

仮面ライダーエグゼイドに出演

黒崎さんには弟がいて、「電王」「キバ」などの仮面ライダーシリーズを姉弟で観ていました。

そんな仮面ライダー好きな黒崎さんは、平成仮面ライダー18作目となる「エグゼイド」に西馬ニコ役として出演しています。
主人公の宝生永夢にゲームで勝つことを目論むプロゲーマー役を演じています。

エグゼイドを見た父や友人からは「すごい良かったよ」「お芝居がうまくなった」といった声があったことを喜んでいました。

鈴木福と映画共演

2022年の映画「少年と戦車」で、黒崎さんは鈴木福さんと共演しました。
いじめられている中学生を鈴木福さんが演じ、妄想上の少女役を黒崎レイナさんが演じています。

映画では戦車の上でのキスシーンもあり、話題となりました。
鈴木福さんは、「戦車の上でキスシーンをやれる俳優はなかなかいないと思う」と感想を述べていました。

父の写真を公開

黒崎レイナさんは、幼い頃の父子の写真を父の日に投稿しています。
親子仲良く映る姿と、父にあてたメッセージから家族仲の良さがうかがえます。

黒崎さんが女優に興味があることを知ったお父さんは、芸能事務所研音の応募を見つけたり、写真を用意してくれたエピソードが紹介されています。

黒崎レイナ Twitterより引用

黒崎レイナ

黒崎レイナ

1988年11月11日生まれ、愛知県出身の女優、モデル、Youtuber。
趣味は漫画と歌で、特技はイラスト、キックボクシングです。
2011年にドラマ「ハガネの女」で女優デビューをし、雑誌ニコラのモデルにもなりました。
2015年にニコラを卒業後、セブンティーンの専属モデルとなります。
モデルだけでなく、女優業の仕事も数多く受けていて、「黒崎くんの言いなりになんてならない」「仮面ライダーエグゼイド」「家政婦のミタゾノ」「中学聖日記」などに出演しています。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました