徳永涼(前橋育英)の進路は大学かプロに内定か?サッカーの成績、高校での日本代表歴を調査!

サッカー

2023年2月11日に行われる「FUJIFILM SUPER CUP」に、前橋育英高校のキャプテン・徳永涼選手が、日本高校サッカー選抜のメンバーとして出場します。

昨年のインターハイではチームの司令塔として優勝に導き、その実力は高校No.1ボランチといわれ、プロのスカウトが見逃すわけもなく、高卒プロになるのか大学に行くのか、進路に注目されています。

そこで、徳永涼選手の進路やプロフィール、前橋育英高校での成績など、色々と調べてみました。

スポンサーリンク

徳永涼の進路はプロか、大学か?

徳永涼選手の能力をプロのスカウトは注目し、J1のスカウトは早いうちからリストアップしていて、J2の3クラブからオファーを受けていました。

そうした状況の中、徳永選手は大学進学を希望していました。

その理由は、人生を長期的に考えて高卒プロだとリスクがあると思い、サッカー選手としてだけで成功するのではなく、人生で成功することを優先して考えて、大学への進学を決めたそうです。

ボランチらしく、とても広い視野で物事を考えられる能力がありますね。

徳永涼が選んだ大学は?

徳永涼選手が選んだ大学は筑波大学でした。

徳永選手はサッカーの技術だけでなく、栄養面、身体操作、理論学びたいと考えていました。

そこで、中学時代の柏レイソルの先輩で、柏U-18から筑波大学に進学した戸田伊吹さんと田村蒼生さんに相談します。

2人から筑波大学は科学的に自分のプレーを分析でき、トレーニングの専門家や大学院生から身体操作が学べることを知り、筑波大学へ進学すること決意しました。

徳永涼は大学でもキャプテンを目指す

徳永涼選手は部員数140名を超える、強豪・前橋育英高校を引っ張るキャプテンです。

サッカーの実力はもちろん、リーダーの資質も兼ね備えていると、周りから評価されています。

自身も筑波大学でもキャプテンをやりたいと語っています。

また日本代表のキャプテン・吉田麻也選手が「コミュニケーションを活発にとるキャプテンを目指してる」といっていたことに感銘を受け、吉田選手のような日本代表のキャプテンを目指したいとも語っていました。

引用元:高校サッカー日テレ公式Twitterより引用

徳永涼のプロフィール 出身地、身長、体重

名前:徳永 涼(とくなが りょう)
生年月日:2004年6月24日
年齢:18歳
出身地:千葉県松戸市
身長:176cm
体重:67kg
ポジション:MF
背番号:14

徳永涼選手は2004年6月24日に千葉県松戸市で生まれました。

小学校3年生からサッカーを始め、FCアクティブ柏、柏レイソルU-12、U-15を経て前橋育英高校に進学しました。

徳永涼 前橋育英高校時代の主な成績

大会
2021年全日本高校選手権 優秀選手
2022年全国高校総体(インターハイ)優勝 優秀選手
U-18日本代表でキャプテンを務める。SBSカップ国際ユースサッカーで強豪・ウルグアイに勝利。
U-17日本高校選抜 メンバーに選出
2023年日本高校サッカー選抜候補合宿に参加
日本高校サッカー選抜 メンバーに選出
引用元:サッカーダイジェスト公式Twitterより引用

徳永涼のまとめ

徳永涼選手の進路やプロフィール、前橋育英高校での成績など、色々と調べてみました。
サッカーの実力だけでなく、とてもしっかりとした考えを持った頭の良い選手ですね。
4年後は日本代表チームのキャプテンになっていただき、ワールドカップで活躍して欲しいですね。
これからも、徳永涼選手に注目していきたいと思います。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました